コーティングで撥水性を高める

車に水がついても、そこまで問題ではないとお考えの方も多いでしょうが、しっかりとコーティングをすることで、水をはじきやすくし、より快適に運転が出来る様に出来ます。

雨天には、フロントガラスの撥水性が悪いと視界が悪く、運転がしづらくなってしまいます。しかし、フロントガラスに手入れをしっかり施しておく事で、水をはじき、視界への悪影響を減らす事ができます。

ガラスのコーティングは、一概に無視できる事ではなく、しているのとそうでないのとでは、安全性に大きな違いが出てくるので、洗車のあとには確実にコーティング作業を行っておく事が望ましいと言えます。
普段、長距離の運転をする事が多い方は、車の汚れがつきやすい環境にあります。長距離運転の際には雨が降ってくる可能性も十分にあります。運転の際に視界が悪いとそれは致命的な事で、通行人の見落としや、車間距離の確認が難しくなります。ガラスのコーティングをするだけでもそれらの問題を解消する事が出来るので、定期的に行なっておくといいでしょう。

一度コーティングをしても、またある程度の期日が経つと、はがれてきてしまいます。どのくらいの頻度でコーティングを行なえば良いのか、しっかりとチェックして行なう様にしましょう。